Home

医師は転職をする?

医師という仕事

医師という仕事は見た目以上に大変な仕事です。一般的に診療医ともなると、単純に椅子に座って訪れる患者さんをどんどん診察するだけというイメージがありますが、患者によっては重病な人もいます。それを見極める眼力も必要です。

また、誰もが不安な気持ちで医師の元を訪れているということもあり、患者の不安を改善できるような対応を心がけることも必要です。そのため、コミュニケーションも大事にする医師が患者側からは求められています。

とは言っても、患者に優しいだけでは仕事になりません。もちろん、日に日に医療技術は進歩してきているので、日頃から研究を重ねることも仕事の一つとなっています。最終的なゴールのない特殊な職業とも言えます。新しく発見された病気に対する治療法を研究したり、新薬が出たらその効果性などについてしっかり把握したりといった様々な知識を日々、身につけていくことも仕事となっています。このように、医師は幅広い分野を手がける能力が必要です。

医師の転職なら、医師転職ドットコムがおすすめ

医師の転職

医師が転職することはよくあります。ただし、同じ職種となることが多くなっています。その理由は至って単純です。せっかくの特殊な資格を取得しているのですから、わざわざ別の職種を選ぶ必要がないからです。

環境を変えることによって、今までとは違った気持ちになれることがあります。仕事がマンネリ化してきたり、向上心をもてなくなったりした時には、思い切って医師も転職を考えてみることが大事です。それから、結婚や出産などのプライベートな環境が変わることで働きにくくなることもあります。特にこれは女医に多いことです。こういった時にも、育児をしながらでも働きやすい環境の職場へと変わることが最適です。

最近では託児所付きの病院なども増えてきているため、育児中の女医でも比較的、働きやすい環境となってきています。それから、一般的な職場同様、医師の世界でも人間関係に悩まされることはよくあります。仕事に支障が出てしまわないうちに転職することがポイントです。

医師転職のメリットデメリット

医師が転職をするとメリットもあればデメリットもあります。まず、メリットとしては今よりも良い条件の職場に就くことができるかもしれないという点です。勤務時間の融通がきくところや、お給料がアップするような職場ともなれば、移った方が断然いいに決まっています。

一方、デメリットとしては、あまりに何度も医師が転職をしていると世間からの信用がなくなってしまうという点です。コロコロと職場が変わっている理由を変に想像されてしまうことがあります。年齢的にも若い人の場合、特に偏見されてしまうので注意が必要です。

このように、医師は一生、同じ職場に就かなくてはならないという理由はないことから、適度に転職することは必要です。少しでも今より条件の良い職場に移ることができるのなら、頻度に捉われることなく、どんどん前を向いて移り変わるべきです。逆に、あまり環境が変わらないような職場なら、今居るところである程度は過ごした方がいいかもしれません。