Home > 研究職

研究職

医師の転職先の一つに研究職に就くということが挙げられます。多くは大学病院や製薬会社などを選択します。そうすると、いろいろな研究を行うことができやすくなります。例えば、大学病院なら新しい病気の発見や治療法などについて研究を進めていくことができ、製薬会社なら新薬の開発に携わることになります。

このように、医療の現場はどんどん進歩してきているため、医師もそれに合わせて様々な研究を進めていかなくてはなりません。そのためにも、ある程度の実績を重ねてきた人が最終的な転職先として研究職を選ぶことがあります。

若くてまだ経験の浅い人がいきなり研究職に就くことは難しいため、それなりのキャリを積んできた人が望ましいと言えます。これまでの知識をふんだんに取り入れながら、様々な研究をしていくことで、医学界の発展に携わることができるはずです。医師としての仕事が一段落ついた年齢になってからの転職先としてピッタリと言えます。