Home > 老人介護保健

老人介護保健

日本は超高齢化社会をむかえており、介護が必要な高齢者の人口は年々増加している傾向にあります。そのため、介護分野における医師への需要は高くなっており、転職サイトなどには介護分野からの求人が多く見られます。

日本における介護は介護保険制度によって行なわれるのが基本です。自治体に申請し、要介護認定を受けることでサービスを利用することが出来ます。

介護保険を支える施設には複数ありますが、中心的な役割を果たしているものに老人介護保健施設があります。医師や看護師などの医療職による健康管理や療養を行ないながら、生活リハビリの提供や介護サービスの提供を行う施設です。

介護保険制度には配置基準というものがあり、老人介護保健施設においては医師の配置が義務となっています。そのため、施設はなんとしても医師を確保する必要があり、確保が難しいケースでは高い条件で採用を行なっているケースが多く見られます。そのため、医師は介護老人保健施設に転職することによって給料をアップさせることが期待できます。基本的には全身状態が安定している人が入所する施設の為、緊急的なことはあまりおこりません。勤務時間が安定することから働きやすい職場ということができます。