Home > 企業の産業医

企業の産業医

医師の転職先に企業の産業医というものがあります。産業医とは、工場などで働く人たちの健康管理のために勤めるというものです。そのため、割と大規模な工場や企業などと提携を結ぶことが多くなっています。

一般的な病院やクリニックに比べると、その企業専属の専門医ということになるので、とても働きやすいと言えるかもしれません。決まった人たちを診察することになるからです。顔見知りばかりの診察をするという点からも、かなり親密な医師という立場になれます。そして、転職先として産業医を選ぶ人の多くは自分の力量を試してみたいという野心を持っている人も多く、実際にその実力を発揮できる場でもあります。

その企業で働く社員たちにとって、自分たちの健康管理をしっかり行ってくれる産業医の存在は心強いものがあります。社員と産業医とのコミュニケーションも図ることができ、街医者のように医師も地域に密着した働き方ができるという転職先です。